初心者でも丸わかり!憧れの結婚式を大成功させるウェディング豆知識をご紹介します

当サイトは初心者でも丸わかりの、憧れの結婚式を大成功させるためのウェディング豆知識をご紹介しています。
素敵な挙式・披露宴を成功させるためにも、ぜひ押さえておきたいものです。
式の評判を左右するポイントとは、というテーマでも情報をご紹介しています。
さらに式の準備はいつから始めるべきか、といったことにも触れているサイトです。
これからウェディングの準備を始める前にはぜひ目を通してみて、魅力的な式をしましょう。

初心者でも丸わかり!憧れの結婚式を大成功させるウェディング豆知識をご紹介します

結婚式の機会には大切な人をもてなして、家族やゲストに楽しい時間を過ごしてもらいたいという初心者は多いのではないでしょうか。
結婚式はキリスト教式や人前式、それから神前式などといった種類があります。
会場は専門式場やホテル、もしくはゲストハウスやレストランなどが使われることが多いです。
結婚式に使われることが多い人気の式場や良い日柄は予約が早く埋まってしまうことが多いので、早めに準備を始めることが成功の秘訣です。

結婚式で人気の挙式スタイルの種類

結婚式で人気の挙式のスタイルは大きく分けると、4種類に分けられます。
教会・神前・仏前・人前に分けることができ、それぞれ特色が異なります。
教会はホテルや結婚式場に併設されたチャペルで、牧師などが執り行なう挙式スタイルです。
厳かなで神聖な雰囲気の中、ロマンチックな式が行えます。
チャペルの雰囲気は場所によって大きく変わるのも特徴と言えます。
神前式は、神道に基づいた式になります。
白無垢などを着て行うことができ、神社で行われることが多いです。
近年では神前式を行える式場なども増えています。
仏前式はあまり馴染みがないですが、古くから行われている仏教の結婚式になります。
衣装は白無垢・羽織袴ですが、特に決まりはなく洋装などでも行えます。
基本的には親族のみで行う厳かな式となっています。
人前式は宗教色のない式を挙げたい人に人気です。
立会人代表を立て、参列者に結婚の証人になってもらいます。
宗教的な意味合いがないため、内容は自由に決めることができアットホームな雰囲気を作れます。

結婚式にゲストを招待するときのマナー

結婚式にゲストを招待するときのマナーですが、これはいろいろと考えないといけないことがあります。
まずは自分たちがどんな結婚式にしたいのかです。
最近では家族のみで執り行うような小規模な式も増えてきていますが、そうと決めたのであれば友人とか職場の人などを招くのはかえっておかしいことはすぐに分かります。
このように、どんな式にしたいのかで呼ぶべき人の範囲も自動的に決まってくる側面があるわけです。
次に、両家であまりにも呼ぶ人の範囲とか人数に差があるのもバランスを欠きますので注意が必要でしょう。
この辺りはよく両家で話し合って相談することが必要になります。
だいたいにおいて、学生時代までの友人と職場関係者に分けて考えると、人数の都合もつけやすく、また後日席次を考える際にも役立つことがあります。
なお、もし自分がある人の結婚式に呼ばれたことがある場合には、その人も招待するようにしないとマナー違反ということになるかもしれません。

結婚式はなぜするべきなのか?しない場合のデメリットとは

結婚が決まったけれど、結婚式をするかしないかで迷っている人もいるのではないでしょうか。
式はしないという人もいますが、すると様々なメリットがあるのでおすすめです。
するかどうかで迷うときには、改めて結婚式のメリットやデメリットを確認してみると良いかも知れません。
結婚式は新郎新婦の家族や親族、それから友人や仕事関係の知人なども招待するのが一般的です。
式に招待して披露宴をおこなえば、これらの人たちに一度に結婚相手を紹介することができます。
また一度にご祝儀を集めて、それに対するお返しも披露宴や引き出物の形ですることが可能です。
もし式をしなければ、新郎新婦の周囲の人たちに個別に挨拶をしに行かなくてはならなくなってしまいます。
それには時間も交通費もかかることでしょう。
それからお祝いの品やお金を頂いたら、その都度お返しもしなくてはなりません。
そういった手間や時間を省くことができるのが結婚式の良いところです。

結婚式のゲストに好まれるお色直しの回数

結婚式では新郎新婦共に主役となりますが、その中でも新婦のお色直しは式を盛り挙げる演出として人気があります。
また新郎新婦にとっても結婚式自体は特別なイベントだからこそ、衣装選びも含めてこだわりをもって準備をする場合も多いです。
実際に結婚式ではドレスだけでなく和装を楽しむ事もでき、衣装をチェンジすることで式の雰囲気もまた大きく変える事が出来ます。
実際に式の時の行われるお色直しですが、いくら新郎新婦や主役であってもゲスト側への配慮は必要です。
負担のかからない回数となるのは、平均すると1回が目安といえます。
場合によっては2回行う場合もありますが、それ以上になるとゲスト側が付かれてしまう可能性も考慮する事が大切です。
ただし地域によって習慣や風習などに違いがあり、2回以上が一般的となっている場合もあります。
そのため式を挙げる地域毎に、風習や習慣などを考慮して式のプログラムを考える事もポイントといえます。

結婚式に関する情報サイト
結婚式を知ろう

当サイトは初心者でも丸わかりの、憧れの結婚式を大成功させるためのウェディング豆知識をご紹介しています。素敵な挙式・披露宴を成功させるためにも、ぜひ押さえておきたいものです。式の評判を左右するポイントとは、というテーマでも情報をご紹介しています。さらに式の準備はいつから始めるべきか、といったことにも触れているサイトです。これからウェディングの準備を始める前にはぜひ目を通してみて、魅力的な式をしましょう。

Search